セフレからの恋愛はうまくいく?好きになったときどうすればいい?

セックスフレンドは、ただセックスだけを楽しむという友人関係のことですが、やっていることがことだけに、相手のことを好きになってしまうようなことも時にはあると思います。それでは、セフレという関係から恋愛に発展するケースはあるのでしょうか?答えは、間違いなくイエスです。現に私も、セフレの関係から交際に至ったことは何度もありますし、私の知り合いにもそういう人はいます。むしろセックスフレンドという関係性から、恋愛に発展しないことのほうが珍しいかもしれません。それはどうしてかというと、どちらかが相手に恋愛的な好意を抱き、関係性が維持されているケースが多いからです。

たとえば、あなたがセックスフレンドを作ったとしましょう。セックスをするうちに段々と相手のことが好きになってきた、でも中々言い出せない。そのような状況が維持されるため、たとえば、今の例で言えば、向こうが「付き合おう」と言うだけで交際に発展するわけですよね。主導権を握る側、つまり「好かれた側」がただ一言、付き合おうと言うだけで、その日のうちに交際がスタートするのです。このような土台にありながら、恋人になるなというほうが難しいのではないでしょうか。

セフレの場合、どちらかといえば、体を許した女性のほうが、男性に好意を持つことが多いようです。女性らにとって、自分の体を好きにさせるというのは、それだけ意義深いことなんですね。私も過去に何人かのセックスフレンドをつくりましたが、どの女性も、私が「付き合おっか」と言うと、それを快諾してくれました。つまり向こうが私のことを好いてくれていたため、セフレという関係が長続きし、結果恋愛のほうへスムーズに移行できたわけです。もちろんこちらから好きになってしまったこともありましたけれどね。

ただ、セックスフレンドは恋愛に発展しやすいというのは、その交際がうまくいくことを保証するわけではありません。当然のことながら、失敗することもあるでしょう。それにセックスフレンドからの恋愛は、普通に交際に発展した場合よりもうまくいかない傾向にあります。それは何故なのか。

セフレからの恋愛がうまくいくないのは何故?

セックスフレンドからの恋愛がうまくいかないのは、お互いに、セフレを作るような人間であることがわかっているからです。セフレを作るという行為は、まずセックスが好きでなければなされないわけです。セックスが嫌いな人はセフレを作りませんよね。まずはセックスが好きという気持ちがあって、そこからセフレ探しが始まり、相手のことを好きになるというのはもっと後のこと、セックスを何度もしてからの話です。

つまり、あなたも、相手の女性も、大好きなセックスをするためであれば、出会い系サイトなどで、その欲求を満たしてくれる異性を探す人、好きでもない異性とセックスできる人であり、お互いにそのことをわかっているからこそ、セフレからの恋愛は難しいのです。

あなたは、自分のセフレだった人を恋人にして、心から信用できるでしょうか。もしかしたら俺の他にもセフレはいるんじゃないか、未だに出会い系サイトを使っているんじゃないか、他の男と平気でセックスをしているのではないか。そのように疑心暗鬼に陥らないと言えますか? おそらくはどの男性も、そのような、相手を疑う気持ちに悩まされることになります。

たとえば彼女が友達と遊びに行ったとき、夜に何故か連絡がつかなかったとき、男友達と仲良さそうにしているのを目撃したとき、果たして、それでも何もないと彼女のことを信じることはできるでしょうか。泊りがけで遊びに行くとなったら? 男友達に遊びに誘われた、行ってくると言われたら? おそらく、信用するのは難しいのではないかと思います。彼女が「なんもないよ」と言っていても、男のほうから彼女を誘ったとき、彼女はきちんとそれを断ってくれるのかどうか、不安で仕方なくなるでしょう。だって自分のときは簡単に体を許してくれたのですから。

もしかしたら彼女は交際をするとなれば、浮気なんか絶対にしない人なのかもしれません。しかし、過去にセフレであったという事実から、相手のことを疑ってしまうことそれ自体が問題なのです。ありもしない場面を想像して嫉妬に身を焦がし、そんな自分を嫌悪したり、彼女の顔を見てやはり浮気しているのではないかと怒りがこみ上げてきたり。結局感情に押し潰され、付き合っていけなくなる。こういったことがあるので、セフレからの恋愛はうまくいかないのです。

そのような疑いを持ってしまうのは、何もあなただけではありません。向こうもそうです。もしかしたら浮気をしているんじゃないか、そのような疑いの心を常に持つことになります。お互いに探り合って監視しあう、そんな関係性が長続きするわけないですよね。

好きになっても黙っておいたほうがいい?

それでは、セフレのことを好きになってしまっても、気持ちを抑えて、黙っていたほうがよいのでしょうか。私は、個人的には、交際しても良いことがないと思っているので、そのほうがいいと思います。ただ、セフレのままでいると、いつ関係を切られてもおかしくありません。ある日から連絡がつかなくなり、結局自分の気持ちを伝えられないまま、さよならをすることもあるかもしれません。そういったときの後悔は想像を絶するものです。どうして告白しておかなかったんだろう、そのように思い悩み、苦しむことになります。

私はそれでも、今までの経験上、付き合っても良いことはなかった――告白しなかった場合よりも強い苦しみを味わうことになったので、やっぱり告白はおすすめできませんが、しかし後になって悩みたくないと思う方は、アタックしてみてもいいかもしれません。それまでに良好な関係を築いていて、かつ、相手が「恋愛なんて絶対したくない! セフレで充分!」という女性でなければ、告白すればとりあえずはOKしてもらえると思います。向こうも、体を許せるくらいにはあなたのことを気に入っているわけですし、告白されれば、好きという気持ちはなくても、とりあえず付き合ってみてもいいかなとは思うでしょう。

そこからうまくいくかどうかは、あなた次第です。疑われるようなことはせずに、自分は浮気しないというのを行動で示す。これによって相手も、それにいくらかは応えなければならないと思うはずです。うまくいくとすればその道しかありませんので、付き合うことになったら、一切遊びに行かない、連絡はすぐ返すなど、行動を徹底してくださいね。

出会い系でセフレTOP

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ